セミナー・イベント

HOME > セミナー・イベント > 『ダークネットの脅威情報とインテリジェンスサイクルの構築』

『ダークネットの脅威情報とインテリジェンスサイクルの構築』

2017年07月07日

alan_training

最近メディアでも取り上げられることの多いいわゆるダークネットは企業にとっても無視できない脅威となっています。システムの脆弱性や従業員情報などをはじめとする様々なリスクがダークネットには潜んでいます。そのダークネットに特化した脅威情報(TI)サービスも国内での提供が始まっており、予兆を検知し事前に対策を講じるモデルが今後のトレンドとなります。

しかしこれらのTIを活用する側の体制は十分ではありません。そもそも多種多様なサービスから自組織に最適なサービスを選択し活用するためには、サイバーセキュリティの技術的な側面以外の分析スキルと仕組み、すなわちインテリジェンスサイクルが必要です。

そこでこの分野に精通しているCapitalOne社のAlan Millar氏による国内初の実践的なインテリジェンスサイクル構築の有償セミナーを開催いたします。Alan氏はイギリス軍諜報部、北アイルランド警察を経て、BritishTelecom時代にはロンドンオリンピックのサイバーセキュリティ対策の主要メンバーとして活躍され、大会のスムーズな運営に貢献されました。まさにこの分野の第一人者です。

このセミナーを通じて、Millar氏のノウハウをもとにTI についての体系的な考え方の理解、実務的なプロセスが何かということを学んでいただきます。

【Alan Millar氏 プロファイル】

 CapitalOne社Alan Millar氏

  • Millar氏はそのキャリアをイギリス軍のサイバー諜報部門でスタートし、後に北アイルランド警察でテロ対策に従事、その後British Telecom時代にロンドンオリンピックのサイバーセキュリティ対策の責任者を務めました。
  • 現在は米国CapitalOne社にてシニアサイバーセキュリティインテリジェンスマネージャーの職に就き、グローバルチームをリードする立場になります。サイバー犯罪に関する情報を収集、分析し金融犯罪対策チームと密に連携することでCapitalOne社に対する脅威に対抗するミッションを持っています。
  • 現在Millar氏が注力しているのがいわゆるダークネットやオープンソースの情報ソースから脅威となりえるリード(情報)を分析する活動です。それらの分析に基づき、ビジネスサイドに対してリアルタイムに脅威の深刻さと犯罪活動の動向を警告するチームを立ち上げました。
  • その豊富な人的ネットワークを活用し、金融機関のみならず政府機関や他の産業との情報交換にも積極的であり、近年のサイバー攻撃の背景や攻撃者の情報についても多くの知見を持っています。

セミナー概要

  ダークネットの脅威情報とインテリジェンスサイクルの構築
日時 @8月22日(火)、23日(水)の2日間
A8月24日(木)、25日(金)の2日間
いずれも 10時00分〜17時00分(受付:9時30分)
会場 弊社セミナールーム 【MAP
※会場は変更になる場合がございます。
対象 CSIRTチームメンバー
情報システム部門セキュリティご担当者
コンプライアンスご担当者など
費用 \200,000-(参加者1名あたり)
定員 各12名
Agenda Day1:サイバー空間における新たな脅威の現状
   インテリジェンスサイクルの基本要素
Day2:脅威アセスメントコンセプトと演習

※今回のセミナーは全て逐次通訳付き

セミナー詳細:Day1

  Day 1 :サイバー空間における新たな脅威の現状
    インテリジェンスサイクルの基本要素
Session1
10時00分〜
12時00分
<現在の脅威レベルの理解>
サイバー空間における脅威の現状とその複雑さ
ダークネット(ダークウェブ)の脅威への対策
最新の攻撃手法と多様化する攻撃者
Wannacryインシデント拡散の背景
Session2
13時00分〜
15時30分
<インテリジェンスコミュニティで利用されている方法論の理解>
インテリジェンスサイクルとは何か?
Direction(方向性)
Collection(収集)
Analysis(分析)
Dissemination(配布)
Session3
15時45分〜
17時00分
<オリンピックとサイバーセキュリティ>
過去のオリンピック(北京、ロンドン、リオ)におけるサイバー脅威
過去12年間で脅威はどのように変化したか?
ロンドンオリンピックのサイバー攻撃対策の実態
2020年東京オリンピックに向けて

セミナー詳細:Day2

  Day 2 :脅威アセスメントコンセプトと演習
Session1
10時00分〜
11時00分
<脅威アセスメントコンセプトの理解>
脅威情報アセスメントの重要性
アセスメントの目的と具体的なステップ
アセスメントの構成要素とコンテンツ
Session2
11時00分〜
14時15分
(途中1時間休憩)
<演習による学習の促進>
予め準備されたシナリオをベースに前日までに学んだ手法による分析演習(グループワーク)
講師とのインタラクティブなセッション
Session3
14時30分〜
16時00分
<組織内におけるインテリジェンスの活用についての理解>
インテリジェンス機能の強化
SOCの運用とインテリジェンスの連携
インテリジェンスの活用で実現する内部顧客へのサービスレベル
Session4
16時00分〜
17時00分
<セミナー総括>
2日間のコースで学習した内容のReview
講師とのQ&Aセッション

アクセス

会場 株式会社テリロジー セミナールーム
東京都千代田区九段北1-13-5 ヒューリック九段ビル 4F
テリロジー本社地図

参加お申込み

【個人情報のお取り扱いについて】

ご入力いただくお客様の個人情報は、株式会社テリロジーが

1)本セミナーに関する連絡・確認
2)製品・サービスに関する情報提供
3)イベント・セミナーなどのご案内
4)マーケティング活動目的

で利用させていただきます。

ご入力いただいたお客様の個人情報については、当社の「個人情報保護方針」に従い、厳正にお取扱いいたします。

以上の個人情報に関する取扱いにご同意いただき、次の「セミナー申込受付」をクリックして、申込み画面へお進み下さい。

セミナー申込受付

※受付は終了しました

お問合わせ

  • お問い合わせフォーム
見積のご依頼、トレーニングに関する詳細な説明、その他ご質問などはこちらのフォームからお問い合わせください。

お問合わせ先

テリロジーセミナー事務局
Tel:03-3237-3291
東京都千代田区九段北1-13-5 ヒューリック九段ビル4階
E-Mail: marketing@terilogy.com

関連リンク

ページのTOPへ