セミナー・イベント

HOME > セミナー・イベント > 11月8日『AIとアナログ電力解析の次世代技術 Power Fingerprinting』

11月8日『AIとアナログ電力解析の次世代技術 Power Fingerprinting』

2017年10月31日

PFP(Power Fingerprinting)はAC,DC,EMIといった電力や電磁波の微妙な変化をモニタリングし、AIの技術により統計的に有意な異常値を検出する仕組みです。一般的なシグネチャやサンドボックスと比べシステムへの変更が必要ないこと、その精度が非常に高いこと、外乱要因にならないことという利点があります。
そのためIoTやICSシステムに対する脅威を検出する有効な手段となります。

去る10月23日に、御茶ノ水ソラシティでIoT World Conference 東京 2017が開催され、私どもも「Darkwebの攻撃者から見えるIoTの脆弱性とその対策 〜そしてPFP(Power Fingerprinting)という新たなアプローチ〜」と題した講演と、ブース出展を行いましたが、残念ながらご参加いただけなかったご来場者様をはじめ多くのご要望をいただき、今回の出展内容をさらに詳しくご紹介するセミナーを、下記の日程で開催することとなりました。

AIとアナログ電力解析の次世代技術、Power Fingerprintingを深くご理解いただければ幸いです。

概要

日時 2017年11月8日(水)15:00〜17:00(14:30受付開始)
会場 株式会社テリロジー セミナールーム 【地図
費用 無料
定員 18名
主催 株式会社テリロジーワークス

スケジュール

14:30〜 受付開始
15:00〜16:00 IoTデバイスへのサイバー攻撃とダークウェブ

株式会社テリロジー 取締役 執行役員副社長 宮村 信男

IoTの可能性とそのメリットは計り知れませんが、同時にサイバーセキュリティの課題も深刻なものになりつつあります。攻撃者は日々デバイスの脆弱性を調べ上げ、攻撃の機会をうかがっています。その情報ソースの一つにダークウェブの存在が挙げられます。ダークウェブでは脆弱性情報や管理者権限を持つアカウント、攻撃ツールに至るまで様々な情報が公開、売買されています。
本セッションでは、現在の攻撃の実態とダークウェブがもたらす脅威について事例を交えてご紹介いたします。
16:00〜17:00 PFP(Power Fingerprinting)というアプローチ

株式会社テリロジーワークス 代表取締役社長 松浦 洋一

デバイスに対する攻撃が想定される現状において、どのような対策が有効なのか。
本セッションでは、リアルタイムにインシデントを検知するための技術として、これまでのアプローチとは一線を画す PFP(Power Fingerprinting)という手法について詳細に説明いたします。
17:00 閉会

アクセス

会場 株式会社テリロジー 会議室
東京都千代田区九段北1-13-5 ヒューリック九段ビル 4F
テリロジー本社地図

参加お申込み

【個人情報のお取り扱いについて】

ご入力いただくお客様の個人情報は、株式会社テリロジーが

1)本セミナーに関する連絡・確認
2)製品・サービスに関する情報提供
3)イベント・セミナーなどのご案内
4)マーケティング活動目的

で利用させていただきます。

ご入力いただいたお客様の個人情報については、当社の「個人情報保護方針」に従い、厳正にお取扱いいたします。

以上の個人情報に関する取扱いにご同意いただき、次の「セミナー申込受付」をクリックして、申込み画面へお進み下さい。

※満席につき受付は終了しました

お問合わせ先

テリロジーセミナー事務局
Tel:03-3237-3291
東京都千代田区九段北1-13-5 ヒューリック九段ビル4階
E-Mail: marketing@terilogy.com

関連リンク

ページのTOPへ