セミナー・イベント

IoT World Conference 2017 東京 レビュー特集

去る10月23日に、御茶ノ水ソラシティでIoT World Conference 東京 2017が開催されました。

私どもも株式会社テリロジーワークス代表取締役の松浦による「Darkwebの攻撃者から見えるIoTの脆弱性とその対策 〜そしてPFP(Power Fingerprinting)という新たなアプローチ〜」と題した講演と、ブース出展を行いました。 おかげ様で多くの方々のご来場と反響を賜わることができました。この場を借りてお礼申し上げます。
また、込み合う中でのご説明とあって、お立ち寄りいただいたお客様には、ご質問やご要望に対して十分なご説明ができなかったことや至らぬ点が多々あった事、お詫び申し上げます。

このページでは当日の展示内容を振り返りつつ、講演資料のダウンロードなどをご用意しております。

ページのTOPへ

会場の様子

会場入口 会場の様子 会場のデモンストレーション

ページのTOPへ

講演レビュー

Darkwebの攻撃者から見えるIoTの脆弱性とその対策
〜そしてPFP(Power Fingerprinting)という新たなアプローチ〜

松浦 洋一

講演者:株式会社テリロジーワークス 代表取締役 松浦 洋一

IoTの可能性とそのメリットは計り知れませんが、同時にサイバーセキュリティの課題も深刻なものになりつつあります。IoTのセキュリティについて考えるとき、攻撃者の視点を分析することが重要ですが、そのソースとしてのDarkwebの存在についてご紹介します。さらにリアルタイムにインシデントを検知するための技術として、これまでのアプローチとは一線を画すPFPという手法について詳細に説明いたします。
PFPはPLCなどの機器の消費電力や出力される電磁波の変化をAIで分析しアノマリーを検出するという新しい手法で、既存のシステムに変更を加えずに精度の高いモニタリングが実現できます。

ページのTOPへ

消費電力や電磁波のわずかな変化から異変を正確に検知する新しいAI技術
「Power Fingerprinting」

PFP(Power Fingerprinting)サイバーセキュリティソリューションは、プロセッサの消費電力を詳細にトレースし、わずかなパターンの違いからサイバー攻撃を検知するソリューションです。PFPは、ハードウェアからアプリケーション層まで、実行スタックのすべてのレイヤーにわたる侵入とゼロデイ攻撃を検出できます。PFPは、ターゲットプラットフォーム上にソフトウェアをインストールする必要はなく、限られたリソースでシステムの監視を可能にする、他にはないソリューションです。

PFPが求められる背景

伝統的なサイバー防衛のアプローチでは、重要なシステムに対する敵からの攻撃を防ぐことができませんでした。既存の監視アプローチは、ゼロデイ攻撃と呼ばれる新たな攻撃は見逃してしまいます。さらに、重要なインフラストラクチャを制御するシステムの多くは、その特殊性などにより市販されているアンチウイルスがありません。
ただし、潜在的なサイバーターゲットの範囲は拡大し続けており、かつては安全であると考えられていたシステムにもその手が伸びてきています。たとえば、Stuxnetの産業制御システムに対する攻撃は、以前は攻撃されていなかったプログラマブル・ロジック・コントローラを対象としていました。
PFPサイバーセキュリティソリューションは、物理的なサイドチャネル(消費電力)を利用してプロセッサの内部実行状態に関する情報を取得することで、すべての実行スタックをプラットフォームやアプリケーションに依存せず、完全性を評価することができる斬新な手法です。PFPは、外部センサーを使用して実装され、対象のシステムに対するサイバー攻撃を非常に正確に検出することができます。PFPは、システムの新旧を問わず適用でき、既存のサイバーセキュリティソリューションを補完します。

主な特徴

センサー
実行中の処理要素の瞬間的な電流ドレインを詳細に観察します。電磁波(EM)センサーには、プロセッサの実行によって生じる電界または磁界の変化を拾う近傍界アンテナを含みます。EMセンサーには、ターゲットプラットフォームに変更を加えることなくレガシーデバイスを改良できるという利点があります。
特性評価
ベースラインとなる基準パターンの抽出にはAIを活用し、ゴールドサンプルや動作のシミュレーションあるいは統計的手法を用いて行われます。

デモンストレーションイメージ

イベント当日のブース展示では、実機を用いたデモンストレーションをご覧いただきました。

イメージ

デモンストレーションイメージ1 デモンストレーションイメージ2
センサーが消費電力や電磁波のわずかな変化から異変を検知します。
異変はAIによるマシンラーニングにより、統計的に判断されます。
momentumuはリアルタイムで常時パケットを保存しています。
異変が検知された際は検知情報をもとに該当パケットを抽出することができ、原因調査や詳細な分析が可能となります。

ページのTOPへ

動画

デモンストレーション

[テリロジー]【PFP (Power Fingerprinting)のデモンストレーション】産業用制御システム環境における異常検知

事例・実証実験

ページのTOPへ

ホワイトペーパー

PFP Technology White Paper とは
Power Fingerprinting(PFP)およびPFPサイバーセキュリティソリューションの概要といくつかの事例をご紹介しております。

ページのTOPへ

セミナー開催について

セミナー開催のお知らせ

今回残念ながらご参加いただけなかったご来場者様をはじめ多くのご要望をいただき、今回の出展内容をさらに詳しくご紹介するセミナーを、下記の日程で開催いたします。定員などで講演にご参加いただけなかった方、質疑などを交えてより詳細な情報を知りたい方は是非ご参加ください。

講演内容などの詳細な情報につきましては近日中に告知を予定しております。続報をお待ちください。

日 時 2017年11月8日(水)15:00〜17:00(予定)
会 場 株式会社テリロジー セミナールーム【地図
主 催 株式会社テリロジーワークス
参加費 無料
定 員 18名

※本セミナーは終了いたしました。

お問合わせ先

テリロジーセミナー事務局
Tel:03-3237-3291
東京都千代田区九段北1-13-5 ヒューリック九段ビル4階
E-Mail: marketing@terilogy.com

ページのTOPへ

キャンペーンについて

期間限定特価提供中

<<ラボEdition限定販売>>

本キャンペーンに関するお問い合わせ先

株式会社テリロジーワークス
momentumビジネス開発部
キャンペーン担当営業宛
メールアドレス:tw-sales@terilogy.com

ページのTOPへ

製品リンク

ページのTOPへ