セミナー・イベント

Windows Server 2003 サポート終了目前
〜セキュリティ対策待ったなし!IPSで移行までのセキュリティを確保〜

2015年7月15日(日本時間) Windows Server 2003のサポートが終了します

Windows Server 2003上で重要なアプリケーションが稼働していませんか

IPSの導入によって実現出来る事

  • サポート終了になったOS/ミドルウェアの脆弱性対策
  • セキュリティソフトをインストール出来ないシステムの前段にIPS導入することで、対策可能
  • 直ぐに更改出来ないシステムをIPS導入することで、経営負担を最小限に抑え、セキュリティ対策が可能

次のお悩みを一つでもお持ちでしたら、
今すぐ不正侵入防御システム(IPS)の導入をご検討ください!

今なら特価でご提案中!!

詳しくは営業までご相談ください

お問い合わせ

基幹・FAシステムのセキュリティ対策が出来ないのが悩み

  1. Windows Embeddedなど特有のOSを利用している為、セキュリティソフトが未対応
  2. 制御アプリケーションへの干渉を懸念し、セキュリティソフトをインストール出来ない
  3. セキュリティソフトのパターンファイルやエンジン更新時のトラブルを考えると、対策が実施できない
  4. 制御アプリケーションとOSの整合性に問題があり、セキュリティパッチの適用が不可
  5. 制御アプリケーションが最新OSに未対応の為、サポート終了後も継続利用している
    ※特にWindowsXP/2003serverの環境であれば、対策は必須
  6. システム機器の移行設備投資を最小限にしたい(経営負担を抑えたい)

Windows Server 2003のサポート終了日「2015年7月」がいよいよ迫ってきました。

これ以降はMicrosoftからのセキュリティパッチが更新されずセキュリティに脆弱性を抱えたまま稼働させることになるため、現在多くの企業でバージョンアップを迫られています。

外部と隔離されたネットワークで動いていれば大丈夫では?
とお考えの方がいらしたとしたら、それは誤りです。

独自のネットワークで構成された基幹・FAシステムでも、メンテナンスのために接続したPCや記録媒体を経由してマルウェアに感染した事例が報告されており、情報漏えいなどの重大な被害を受ける危険性があります。昨今の脅威はどこからやってくるかわかりません。

ページのTOPへ

最先端セキュリティリサーチとフィルタ開発

Microsoft脆弱性発見数業界No.1

HP Zero-Day Initiative (ZDI) は、大規模なITコミュニティにおいて研究者のネットワークを構築することでゼロデイの脆弱性の研究を推進しています。ゼロデイ脆弱性に関するベンダーへの報告を推進し、ベンダーによるパッチ適用時にHP TippingPoint Next Generation IPSを通じてお客様を保護できるようにするものです。Microsoftのクリティカルな脆弱性の発見について、数多くの実績を持っています。

2013年におけるMicrosoftのクリティカルな脆弱性のうち50%以上を発見

世界最大規模のフィルタ開発

DVLabsはHP社のセキュリティサービスチームであり、IPS専用のセキュリティフィルタ開発ラボです。
最新のデジタルワクチンを継続的にアップデートしています。

最先端のセキュリティリサーチとフィルタ開発(世界最大規模)

基幹・FAシステム全体を防御するには、システムセグメントの前段にHP社製TippingPoint-IPSを導入し、セキュリティ未対応のシステムを保護します。

基幹システム

ページのTOPへ


本ソリューションに対するお問い合わせは、下記の『お問い合わせ』ボタンをクリックし、メールフォームからお願いいたします。

お問い合わせ

関連ページ

ページのトップへ