Affinegy CHARIOT Cloud Service for IoT
(Internet of Things platform using AllJoyn)

概要

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)

「IoT」が今あらためて注目を集めています。
IoT(Internet of Things:モノのインターネット)は1999年に登場した言葉で、パソコンやプリンタのような従来型の通信機器だけではなく、自動車や家電などのこれまでインターネットとは無縁だった"モノ"たちがインターネットにつながる世界を言い表した言葉です。

多くのモノがインターネットに接続されることで、膨大な情報が生成されていきます。これらの情報を収集、解析して可視化(視ること)することができれば様々な問題を解決することができます。これまでは人間がパソコンを使用して入力しなければならなかった情報も、モノから人の手を介さずに情報が入力されるようになれば、収集された情報を見るだけで判断することが出来るようになります。

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)で離れた“モノ”の状態を知る

  • 環境モニター:環境を知る(温度、湿度、気圧、照度等)
  • モーションモニター:動きを知る(移動、転倒、振動等)
  • ロケーションモニター:位置を知る(近接検知、通過検知等)
  • 開閉モニター:開閉を知る(施錠、ドア、窓、引き出し等)…

離れた“モノ”の状態が収集され可視化された情報をどこからでも見ることが出来れば情報を元に行動することが出来るようになります。

INTERNET of THINGS

ページのトップへ

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の現状

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の現状

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の現状は、“モノ”の情報を収集するための統一された規格が無く、適当なフレームワークも無いため、各企業では勝手に自社製品だけの管理を目的としたコントロールアプリを作って、操作なり確認なりを行っている状況にあります。

各企業としては独自性や、差別化を図ることが出来る一方で、利用者はアプリケーションの数が膨大になり、使い分ける必要があります。

アプリケーションによる独自管理

ページのトップへ

IoT(Internet of Things:モノのインターネット) の普及促進

IoT(Internet of Things:モノのインターネット) の普及促進

AllSeen AllianceとAlljoyn
Allseen Allianceは、Linux Foundationが設立した非営利団体。
Alljoynは、 Qualcommが開発したP2P型のデバイス接続フレームワーク。

「Allseen Alliance」が推進するIoT(Internet of Things:モノのインターネット) 規格は「Alljoyn」をベースに設計されています。

この規格に統一を図ることでIoT(Internet of Things:モノのインターネット)の現状を打破し、デバイス間の相互コミュニケーションをよりスムーズに実現させることができるようになります。

  • 「Alljoyn」はオープンソースソフトウェア。
  • 2015年11月時点で、Allseen Allianceには180以上の団体がメンバーとして参加。

AllJoyn remote applications

All joyn remote applications

ページのトップへ

お問い合わせ
  • お問い合わせフォーム
Affinegy CHARIOT Cloud Service for IoT(Internet of Things platform using AllJoyn)に関するお問い合わせ
TEL:03-3237-3291

ページのトップへ