Coho Data
次世代オールフラッシュストレージ・ソリューション DataStream

概要

オペレーションフリー、スケーラブル、ハイ・パフォーマンス。
仮想化環境に最適なストレージを提供するソリューション、Coho DataStream

Coho DataStreamは、仮想環境に対して、柔軟なスケーラビリティと高いパフォーマンスを最小限のオペレーションで提供するストレージ・ソリューションです。

COHO DATA

コンセプト

Coho DataStreamは、クラウド環境で実現されているような、必要になった時に必要な分だけ性能・容量を拡張できる”Pay-as-you-grow”なビジネスモデルをオンプレミスのストレージ環境にもたらすことをコンセプトとしています。ストレージ・ハードウェアを追加するだけで簡単にスケールアウトできるほか、クラウド環境でユーザがストレージの管理を意識せずに利用できるのと同様に、管理者の手間をかけずにデータの自動的な管理を行うことができます。

ページのトップへ

利用イメージ

イメージ

Coho DataStreamは、仮想ハイパーバイザ(上記イメージではVMware ESXi)にNASボリュームとしてマウントして利用します。複数のストレージはクラスタリングされ、単一のボリュームとして仮想ハイパーバイザに認識されます。

ページのトップへ

仮想化環境におけるストレージへの要求

企業のIT環境において仮想化技術の利用はますます進み、サーバだけでなく、VDIによりデスクトップPCも仮想化環境に集約されつつあります。マシンの集約が進むなか、そのデータを格納するストレージ・システムには以下のような要求への対応が求められています。

各アプリケーションへの高速なI/Oの提供

仮想化環境ではさまざまなアプリケーションが動作し、それぞれ読み書きの割合や頻度などの特性が異なります。アプリケーションのパフォーマンスを十分に発揮させるため、ストレージはあらゆるアプリケーションに対して十分なI/Oを供給しなければいけません。

高いスケーラビリティ

データは日々増大し、仮想マシンの数も必要に応じて増えていきます。必要とされる容量、I/Oパフォーマンスの増加に対して、ストレージ側で柔軟に対応できる高いスケーラビリティが求められています。

簡単な運用

SANや従来型のNAS環境では、ディスクやコントローラの構築・増設の手間が煩雑で、結果として高い運用コストが発生します。前述のような柔軟な拡張を実現するために、手間をかけずに簡単なオペレーションで運用が可能なシステムが求められています。

最新のメディアの柔軟な取り込み

HDDに代わるメディアとしてSSDが出現し、さらに高速なPCIeバスに直接挿すカードタイプのPCIe flashが出現するなど、データを格納するメディアは進化を続けています。その時点で最高なパフォーマンスを提供するには、最新のメディアを素早くストレージ・システムに導入することが理想的です。

Coho DataStreamはSDN(Software Defined Network)とSDS(Software Defined Storage)の技術を組み合わたユニークなアーキテクチャと、最新のPCIeフラッシュの活用により、こうした要求に応えます。

  • Coho datastreamは、Coho Data, Inc.の登録商標です

ページのトップへ

お問い合わせ
  • お問い合わせフォーム
Coho Data 次世代オールフラッシュストレージ・ソリューション DataStreamに関するお問い合わせ
TEL:03-3237-3291

ページのトップへ

【導入事例】
ガンホー・オンライン・エンターテイメント様

「LUNの設定が不要になり、ストレージの運用が本当に楽になりました」