eG Innovations 仮想化Root Cause(障害解析)

米国某銀行(Fortune100)様

導入背景

その銀行のシステムは、Sun One、Oracle、 SiteMinder、 WebLogic、自社開発アプリケーションなど、約200種類以上のサーバ/アプリケーションで構成されていおり、HP、IBM、Mercury社等の管理/監視ツールを駆使して運用を行っていた。

課題

  • 予期せぬシステムダウンが頻発し、原因を分析する必要があった。
  • 問題点が数多く見つかり、根本原因の絞り込みが難しかった。
  • ヘルプデスク担当者が問題の分析や切り分けに貢献できていなかった。
  • ITスタッフよりもユーザのほうが早く問題に気付いていた。

eG Enterprise Suite導入効果

  • ボトルネック箇所の特定やパフォーマンストラブル分析の効率化を実現。
  • eGのレイヤーモデル監視により、問題点をピンポイントで把握。
  • 複数コンポーネントを含むサービスという単位で問題点を把握。
  • 比較的サポートレベルの低いエンジニアでも的確に問題切り分けが可能となった。

eG Innovations社のホームページはこちら

ページのトップへ

お問い合わせ
  • お問い合わせフォーム
  • 資料請求フォーム
eG Innovations 仮想化Root Cause(障害解析)に関するお問い合わせ
TEL:03-3237-3291

ページのトップへ