eG Innovations 仮想化Root Cause(障害解析)

米国某パブリックスクール様

導入背景

このスクールでは、53台の仮想サーバ(ESX/ESXi)及び20台の物理サーバと、20台の仮想デスクトップ環境をデータセンタで運用している。WindowsやLinuxなどのOS上でMS Exchangeなどのサービスが提供されており、69校のスクールから約25,000名の学生がこのシステムを利用している。

課題

  • アプリケーションのスロウダウンが頻発していたが、原因の特定ができていなかった。
  • スクールのIT担当者はサポートスキルのレベルがそれほど高くないため、事あるごとに外部のインテグレータにサポートを依頼しなければならなかった。

eG Enterprise Suite導入効果

  • 主要箇所へエージェントを導入し、システム全体をカバーする監視環境を構築。
  • リアルタイムのパフォーマンスモニタリングを実現。
  • アプリケーションのレスポンスを改善することに成功。
  • eGの障害根本原因分析機能(Root Cause Analysis)により、パフォーマンストラブルの解析にかかる時間を51%も削減。

eG Innovations社のホームページはこちら

ページのトップへ

お問い合わせ
  • お問い合わせフォーム
  • 資料請求フォーム
eG Innovations 仮想化Root Cause(障害解析)に関するお問い合わせ
TEL:03-3237-3291

ページのトップへ