eG Innovations 仮想化Root Cause(障害解析)

概要

eG Innovationsは、仮想化、クラウド、物理サービスのサービス・パフォーマンス問題の検出、分析、解決を加速するインテリジェントなパフォーマンス・マネージメント・ソリューションを提供します。eG Innovationsだけが、すべてのレイヤ 〜デスクトップからアプリケーション、ネットワークからストレージ〜 を通して自動的にパフォーマンスの相関付けし、360度の可視性を提供します。他に類の無いアプローチが、ドメインをまたがるサービス・パフォーマンス問題の分析結果を提供し、管理者はエンド・ユーザが気づく前にプロアクティブに問題を検出し、分析し、根本原因を修復することが可能です。

以下のビデオでは、複雑で、仮想化されたクラウドや物理IT環境においてパフォーマンス・アシュアランスを成功に導く要因をご紹介しています。是非、ご覧下さい。

障害根本原因の特定を自動化するeG Innovationsのアプローチ
〜運用管理の自動化を強力に推進するRCA自動化ツール〜

多くの企業で仮想インフラの導入が進んできており、物理インフラ・仮想インフラの混在環境が増えてきています。

PCの利用でもセキュリティ・情報管理の観点からバーチャルデスクトップインフラストラクチャ(VDI)の導入・検討が進んできております。

技術の進展に伴い皆様のビジネスを推進・サポートするというITの本質は加速している半面、ユーザに快適なITインフラを運用管理することは今まで以上に困難になってきます。

ITインフラが皆様のビジネスに及ぼす影響が大きいほどユーザの体感品質(QoE)への配慮が必要になることでしょう。そこで利用者の声に耳を傾けITインフラへの投資最適化や運用管理の自動化などを検討中の方々も多いことと思われます。

eG Innovations Enterprise Suiteでは、QoEに影響を及ぼす障害の復旧時間を大幅に短縮する洗練されたAutoRCA(障害根本原因の自動分析)を提供します。運用の自動化においても重要なパーツとしてご利用頂けます。

ページのTOPへ

eG Enterprise Suiteのエンド・ツー・エンド・モニタリング

eG Innovationsの 「eG Enterprise Suite」はITインフラの各構成要素を横串でとらえ、サービス・レベルの視点でパフォーマンス・モニタリングを行います。

サービス視点でインフラ全体をモニタリング

ページのTOPへ

障害根本原因の自動分析

eG Innovationsの特許技術である、自動トリアージ(優先順位付け)機能により、アプリケーションとネットワークの相互依存関係を分析し、障害の根本原因と影響を迅速に特定することが可能です。
サービスオペレータは、影響している障害箇所の分析に振り回されることなく、根本原因箇所の復旧にフォーカスすることができます。

ページのTOPへ

MTTR(Mean Time To Repair)の削減

パフォーマンス低下の早期検知と障害根本原因の迅速な特定により、MTTRを削減します。

MTTR(平均復旧時間)の削減

eG Innovations社のホームページはこちら

ページのトップへ

お問い合わせ
  • お問い合わせフォーム
  • 資料請求フォーム
eG Innovations 仮想化Root Cause(障害解析)に関するお問い合わせ
TEL:03-3237-3291

ページのトップへ