Juniper Networks Steel-Belted Radius(SBR)
for Carrier

概要

ブロードバンドインフラの高速化、無線化に伴い、通信事業者はより明確なユーザー管理、サービス管理が求められています。いつ、どこで、誰が特定の通信を希望しているか、またはユーザはどの程度の通信サービスレベルを求めているか。孫娘から夕方に届くE-mailを楽しみにしている地方に住むお年寄、毎日忙しい職場から帰宅後唯一2時間だけ自分のお気に入りの昔のアニメをインターネット経由でストリーミングサービスを楽しむ30代のサラリーマン、アメリカから出張で日本に来ており自分の国のニュースを閲覧するために空港の喫茶店でワイヤレスサービスを利用してインターネットニュースを閲覧するビジネスマンなどいまやインターネットは「いつでも」「誰でも」「どこででも」利用できる大変便利で重要な存在になりつつあります。

利用イメージ

特に昨今「IP」を利用した新たなサービスが次から次ぎに打ち出されており、ガスの検針を無線で自動的に基地局を介して本社の会計システムにアップロードするサービスであったり、地方に住んでいるお年よりがお茶を飲む際にポットを押した回数をInternetを介して都心に住む息子の携帯に通知するサービスであったり、携帯電話で自宅の冷暖房のスイッチのON/OFFを操作できるサービスであったり、インターネットは今や人々の生活様式までも変えようとしております。

しかしながら、このように用途が多様化すると共に、一つの課題が浮かび上がります。

  • ネットワークはどの様にしてユーザを認識する事が出来るか?
  • ネットワーク上のIPアドレスと、通信するユーザ自身をどの様にして紐付ける事が出来るか?

通信技術の進化に伴い、通信事業者様のインフラ構造も進化を遂げています。より高速に大容量の通信を実現する為の技術、モバイルと固定を融合する為の技術、様々なアクセス網をユーザが自由にローミングできるようにする為の技術、ユーザの利便性を追求した結果、様々な技術革新が策定されています。

そのような中、古くから通信事業者により認証サービス用プロトコルとして利用されてきてきたRADIUS(別名AAA(Authentication Authorization Accounting))サーバと呼ばれています)も新たな進化の過程に突入しました。

ページのトップへ

お問い合わせ
  • お問い合わせフォーム
  • 資料請求フォーム
Juniper Networks Steel-Belted Radius(SBR)に関するお問い合わせ
Tel:03-3237-3291

ページのトップへ