SevOne ネットワークパフォーマンス管理

概要

仮想化クラウドインフラにも対応したダイナミックな高速リアルタイムパフォーマンスマネージメント!! ITインフラからアプリのパフォーマンスまで、シングルウィンドウで可視化

なぜ、効果的なパフォーマンス管理が必要なのか

ビジネスアプリとコミュニケーションが同一ネットワークで実現されるようになり、最適なネットワークパフォーマンスを維持することがますます重要になっています。ネットワーク管理者はモバイル端末、仮想化、クラウドベースアプリ、マルチテナントへの対応に直面しています。これらの要望により、サービスレベルを確保したコスト効率の良いネットワークパフォーマンスの重要性が増しています。ネットワークがビジネスの一部となった現在、ネットワーク障害はビジネスに直接的な影響があります。

従って、最適なネットワークパフォーマンス管理ソリューションを選択することがとても重要な要素となっています。

役割

ネットワークパフォーマンス管理ソリューションの役割

 

ページのトップへ

最適なネットワークパフォーマンス管理を選択するための10の要素


1.拡張性の高いアーキテクチャ

ネットワークパフォーマンス管理(NPM)ソリューションは拡張するネットワークや広帯域化への要望に合わせ、拡張性の高いデータ収集・レポーティング機能が必要となります。

今までのNPMの課題
  • 集中管理型レポーティングサーバが拡張性のボトルネックになります。
  • 高性能サーバを導入しても、増え続けるデータの収集・保存・レポーティングに対応することは困難です。
  • 巨大なシステムを導入した場合、レポート生成に時間がかかり、現実的ではありません。

SevOneの拡張性についてはこちら

ページのトップへ

2.導入の容易さ

今までのNPMの課題
  • NPMソフトウェアをインストールしたサーバが必要となり、導入までの時間という視点では、問題となる可能性があります。
  • ネットワーク管理者は、OSを含むサーバプロセスの複雑なプロビジョニング、データベースの作成、オフラインストレージのプロビジョニング、エージェントのインストールを実施する必要があります。
  • それら全てを継続して管理する必要があります。

SevOneの導入方法についてはこちら

ページのトップへ

3.使いやすさ

ネットワークマネージャにとって、使いやすく有用なレポートを瞬時に提供することが重要となります。スピードと正確な報告がNPMソリューションの使いやすさにおいて重要な要素となります。

NPMの選択要素
  • どれだけ早く、効果的に運用スタッフがトラブルシュートできるか?
  • 短時間で障害を隔離、復旧できるか?
  • 特定アプリのレポーティングやトラブルシューティングが可能か?

SevOneの使いやすさについてはこちら

ページのトップへ

4.リアルタイムの可視化

NPMの選択要素
  • NPMは使いやすいだけでなく、システム全体を俯瞰し、様々なユーザニーズを満たす必要があります。
  • そのためには、ネットワーク・サーバ・アプリの全ての重要なITデバイスを「リアルタイム」に可視化する必要があります。
  • アプリの識別と、そのアプリがインフラ、ネットワークに及ぼす影響を把握できる必要があります。

SevOneのリアルタイムモニタリングについてはこちら

ページのトップへ

5.自動ベースライニング

NPMの選択要素
  • 多くのサービスが利用率の変化やメモリリークなどの突発的な問題によりサービス品質が低下します。
  • 単にパフォーマンスを可視化するだけでなく、いつもと異なる傾向がある場合に、自動的に管理者に通知する仕組みが必要です。
  • “いつもの”値を自動的に設定し、“いつもの”値から自動的に閾値を設定する自動ベースライニングという機能が必要となります。

SevOneの自動ベースライニングについてはこちら

ページのトップへ

6.モニタリングの効率化

NPMの選択要素
  • パフォーマンス管理の主なベンチマーク
    ・監視対象と管理者の比率
    ・全監視対象ITエレメント÷求められる運用スタッフ数
  • これらの数値を把握し1エレメントあたりのコストを抑制可能なソリューションが求められています

SevOneの効率的なモニタリングについてはこちら

ページのトップへ

7.ワークフロー

NPMの選択要素
  • ネットワーク管理者またはエンジニアは全体ステータスから詳細なネットワークデータを早急に導きだす必要があります。
  • そのためには、以下のような詳細な情報や機能が必要となります。
    ・直観的に認識できる全体レポートの提示
    ・アプリのタイプ毎
    ・送信元・宛先毎
    ・問題の検知
    ・個々のインジケータレベルの詳細な情報

SevOneのワークフローについてはこちら

ページのトップへ

8.ツールの統合

NPMの選択要素
  • ほとんどのネットワークパフォーマンス管理ソリューションで、SNMPやNetFlow、IP SLAを利用した遅延情報を利用し、ネットワークデータを「収集」し、「レポート」することが可能です。
  • NPMソリューションは「トラブルシューティング」から「計画」・「分析」まで、様々なワークフローや役割に対応するために、全てのネットワークやデバイスタイプをサポートできる必要があります。

SevOneのツールの統合についてはこちら

ページのトップへ

9.OSSインテグレーション

NPM導入後、より完全で正確なネットワークパフォーマンスを提示するためにデータセンタとのインテグレーションが課題となります。

NPMの選択要素
  • NPMは効果的に導入、インテグレート、データ収集、レポーティングするだけでなく、フォルト管理とトラブルチケットシステムを融合するオープン・アーキテクチャが必要となります。
  • トラップ通知を送受信することで、トラブルシューティングやサービス停止時などの詳細データが必要な時に、マネージャとオペレータが共通した認識の下、瞬時に報告・対応を行う必要があります。

SevOneのオープン・アーキテクチャについてはこちら

ページのトップへ

10.将来のソリューション

将来を見越したソリューションの選択は、以下のような機能が求められます。

NPMの選択要素
  • 簡単に導入・使用可能なこと
  • 制限なく拡張できること
  • コスト効率良く拡張できること
  • 簡単に新しいデバイスをサポートできること
  • リアルタイムの可視化が提供できること
  • 複数のワークフローの自動化と融合が可能なこと
  • 全ての利用者をサポートできること

SevOneの将来のソリューションについてはこちら

ページのトップへ

お問い合わせ
  • お問い合わせフォーム
  • 資料請求フォーム
SevOne ネットワークパフォーマンス管理に関するお問い合わせ
Tel:03-3237-3291

ページのトップへ