Vulnerability Risk Management Service
脆弱性リスク管理サービス

脆弱性リスク管理サービスの概要・特徴

サービスの概要

ネットワークインフラのアクセス経路を含む脆弱性リスク管理の重要性が高まる

セキュリティ対策は、従来の防御型から、マルウェアやサイバー攻撃の透過を前提としたリスクベースの対策に移行しつつあります。マルウェアやサイバー攻撃の85%はOSやアプリケーションの脆弱性を利用したものであり、脆弱性への対応はサイバーセキュリティの基本と言えます。
また、現在エンドポイントの制御より容易に攻撃可能なネットワークが狙われ始めています。

脆弱性リスク管理サービスとは、ネットワークからアプリケーションに至る各レイヤーにおける脆弱性のリスクを定期的に可視化し、その対策の優先順位付け及び修正を行うサービスです。 以下のサービスは、新たな標的とされるネットワークインフラの脆弱性リスク管理を実現する、ネットワークにフォーカスした診断サービスとなります。

ネットワーク脆弱性診断サービスメニュー

ネットワーク脆弱性診断サービスメニュー

サービスの特徴

サービスの特徴

  • クライアントやサーバからネットワークに至る脆弱性リスク管理に対応。特にネットワークにおいては当社のネットワークインテグレータとしての多くの構築実績から、ネットワークとエンドポイントの関係を考慮した分析及び診断が可能。
  • システム構築から運用支援まで一貫したサービス提供が可能。
  • 脆弱性リスクの数値化及び平準化を行い、適格な対策の優先順位付けが可能。

ページのトップへ

ネットワーク脆弱性診断サービス

診断の流れ

ネットワーク脆弱性診断サービス

※前提条件:テリロジー分析プラットフォームにコンフィグファイルを提供可能であること、
      インターネット接続が可能なこと

このようなお客様に

お客様の課題 ご提供サービス
ネットワークデバイスの設定のセキュリティレベルの現状をすぐに確認したい ベーシック
ネットワークの可視化とセキュリティ対策を恒久的に実施したいが、その有効性を事前に確認したい スタンダード
ネットワークデバイスのセキュリティ対策を恒久的に実施したいが、ツール自体の複雑化や人的リソース不足などの理由から、運用支援を受けながら実施したい 運用支援

ページのトップへ

お問い合わせ
  • お問い合わせフォーム
脆弱性リスク管理サービスに関するお問い合わせ
TEL:03-3237-3291

ページのトップへ