ソリューション

HOME > ソリューション > データオフロードソリューション

  • お問い合わせ
  • ダウンロード

データオフロードソリューション

課題

トラフィックの急増によって3G回線網が逼迫し、設備増強やトラフィックの分散が課題となっています。

3G通信のデータをオフロードするために、公衆無線LANの増強、フェムトセルの活用、新たな周波数帯域の獲得・利用など、様々な方法をご検討されているのではないでしょうか。近年は公衆無線LANへのデータオフロードが進んでいます。

しかし、データをオフロードした結果、どのような効果がでているのか、さらに効果を最大化するためには何を優先すべきなのかなど、効果を測定する仕組みが課題となっています。

  • データオフロードの効果がわからない
  • 効果を最大化するための施策が立てられない

ページのTOPへ

課題への対策

3G回線の逼迫により、WiFi、フェムトセル等の回線へトラフィックがオフロードされ、今後はオフロード効果を測定し、最適化するためにどこに無線LANアクセスポイントを設置すべきかなどを判断することが重要になります。

最適なオフロードを実現するため、弊社では3つのソリューションをご用意しています。

オフロードトラフィックの可視化
・デバイス毎の各オフロード先の通信量のモニタリング
・利用アプリケーションのモニタリング
3G回線とオフロード先のトラフィックを比較し、効果測定の実施
・オフロード結果と改善効果のモニタリング
3G回線のリアルタイムモニタリングとオフロード・プランニング
・無線アクセスポイントの設置場所の検討

オフロードトラフィックの可視化

以下にオフロードトラフィック・モニタリングの一部をご紹介いたします。

Traffic mapとSubscribers drops

表示画面

 

弊社データオフロードソリューションの詳細につきましては、以下からお問合せ下さい。

「お問い合わせ

ページのTOPへ