ソリューション

HOME > ソリューション > トラフィックマネジメントソリューション

  • お問い合わせ
  • ダウンロード

トラフィックマネジメントソリューション

トラフィックマネジメントの必要性

Cisco VNI Mobile 2012 Cisco VNI Mobile Cisco VNI Mobile Cisco VNI Mobile ・ Cisco Visual Networking Index:全世界のモバイル データ トラフィックの予測、2011〜2016年アップデート

※クリックすると拡大します

近年デバイスの多様化に伴いその数は増加傾向にあります。中でもオーバー・ザ・トップ・アプリケーションを快適に利用できるハイエンドデバイスの増加はトラフィックの急激を牽引しています。
従来の携帯電話からスマートフォンへの移行により、1ユーザ当たりのデータトラフィックは約10〜20倍に拡大し、2016年には現在の18倍に増加することが予測されています。

弊社のソリューションはデータトラフィックの可視化とマネジメントにより、顧客満足度を低下させずに魅力あるサービスの提供と最適な設備投資を実現し、ROIを達成する事に貢献します。

ページのTOPへ

トラフィックマネジメント ポートフォリオ

フロー図

テリロジーは通信事業者様のARPU向上のお役に立てるよう上記のポートフォリオを提唱しており、以下の2つの視点からソリューションをご提供します。

  • トラフィック最適化:
    PCRF/PCEFやDNSを中心とした『ネットワーク負荷軽減』の視点。(赤)
  • モニタリング:
    現状の把握/分析ツールを中心とした『課題発掘』の視点。(グレー)

また、以下のステップで最適なトラフィックマネージメントを実現をします。

ステップ1 〜データソースの収集〜
パケット、フローデータ、機器のリソース情報等を収集
ステップ2 〜データソースから用途別の統計情報に分類〜
収集したデータソースを目的に応じて統計情報として整理
ステップ3 〜統計情報の分析〜
分類された統計情報を基にビジネスの状況、新サービス企画、サービス品質の評価、設備投資計画等、目的に応じた分析を実施
ステップ4 〜トラフィック制御〜
必要性に応じて、利用者毎のトラフィック制御や最適化の対策を実施
ソリューション 課題 概要
トラフィック最適化
トラフィックコントロール
(PCRF/PCEF)
トラフィックの急増により、ネットワークの遅延・接続断等が発生頻度が多くなり、また、多くの通信事業者様で、ヘビーユーザによる帯域の占有への対策も課題となっています。 利用者毎に、加入サービス、利用デバイス、利用アプリ、時間など、それぞれの利用者の振舞いに応じてネットワークを最適化するアーキテクチャをご紹介します。
DNSキャッシュ スマートフォン通信の増加により、DNSサーバの負荷増加が課題となっています。DNSサービス品質の低下はネットワーク遅延やサービスが停止の原因となり、利用者の体感品質に大きな影響を与えます。 今後も増加が見込まれるスマートフォン通信に対応するためには、高性能、多機能なDNSサーバというだけでは対応できません。DNSサーバの選定ポイントをご紹介します。
モニタリング
モニタリング 適切な投資計画をたてる上でトラフィックの可視化が課題となっています。 3G、LTE環境のアクセス、コアネットワーク、PDNを構成する機器及びネットワークのモニタリングポイントや各ネットワークでモニタリングすべき項目をご紹介します。
サービスアシュアランス サービスインフラを流れる大量のトラフィックの中から障害の予兆を検知し迅速な解析を実施する事で顧客に影響をおよぼす障害を未然に防ぐ必要がある ご提供されているサービス品質に影響が及ぶ前に障害を検知し、問題解決を行うために必要な機能をご紹介します。
データオフロード 公衆無線LANの増強などへのオフロード効果を測定し、効果を最大化するための施策検討に必要なデータを収集する仕組みが課題となっているのではないでしょうか。 『オフロードされたトラフィック』と『既存回線のトラフィック』を可視化、効果測定し、追加投資すべき場所を視覚的に判断可能なソリューションをご紹介します。

お問い合わせ

ページのTOPへ